プラセンタは胎盤を示す英語ですが一般的には哺乳類の胎盤から抽出される成分を指し、美容と健康に役立つ豊富な栄養素や有効成分に富んだエキスとして、医薬品やサプリメントに役立てられています。
特にプラセンタには美肌づくりに欠かせない優れた栄養素を持つことに加えて、最大の魅力と言われる成長因子と呼ばれる細胞分裂を促進して活性化させるたんぱく質を豊富に含んでいます。
成長因子はグロスファクターとも呼ばれ胎盤で胎児を成長させるために重要な成分ですが、加齢と共に失われていくため体外から獲得できる手段としてプラセンタに熱い注目が集まるようになりました。

プラセンタは豊富に含まれる栄養素と成長因子によって優れたアンチエイジング効果をもたらすため美容面以外にも医薬品として更年期障害の治療にも使われています。
高い美肌効果を持つプラセンタ最大の効能も成長因子にあり、100種類以上ある成長因子の中でも肌そのものを理想的なターンオーバーに導く上皮成長因子の存在が、加齢やストレスで衰えがちのターンオーバーを促進します。
上皮成長因子はニキビや吹き出物など肌トラブルを防止する効能も持っています。

成長因子は働きかける細胞によって種類が違い、繊維芽細胞増殖因子という種類は真皮にある線維芽細胞を増やしてコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった美肌づくりに欠かせない成分の生成を活発化させます。
コラーゲンなどの美肌成分は加齢や紫外線、ストレスの影響で酸化することで減少し生成能力も衰えてしまいます。
しかも長年紫外線を浴び続けた線維芽細胞は美肌成分を分解する酵素を過剰に分泌するためコラーゲンやエラスチンの働きを弱めてしまい、肌のハリが失われシワやたるみの大きな原因となります。

繊維芽細胞増殖因子は美肌成分の生成を促すと共に、医療機関等でニキビ跡のクレーターやシワ、ほうれい線注入して元のなめらかな肌にするための治療にも用いられています。
さらにプラセンタの成長因子には出来てしまったシミやそばかすを薄くして行くメラニン細胞抑制因子もあり、美肌に欠かせない成分の宝庫と言えます。

プラセンタの可能性は無限大!?更年期障害にも!

美肌づくりに大いに貢献するプラセンタは、胎盤が持つ生命を育てるために必要なすべての有効成分を生かして優れたアンチエイジング効果を発揮し、美肌づくりに欠かせない成分生成を促し加齢やストレス、紫外線の害から肌を守って理想的なターンオーバーに導いてシワ、たるみを防ぎます。
出来てしまったシミやそばかすを薄くするという驚異の効果までもたらすプラセンタは美容面だけでなく、更年期障害の症状緩和にも有効活用されています。

更年期障害は加齢によって女性ホルモンの分泌量が急激に低下することでホルモンバランスが崩れ、心身にさまざまな症状があらわれます。
ホットフラッシュや動悸息切れ、めまいや耳鳴り、便秘やむくみといった身体的な症状のほか、強いイライラや極度の不安感、不眠や気分の落ち込みなど精神的な不調が深刻に出るケースも目立ちます。
プラセンタに含まれる成長因子は身体的不調のみならず、精神的な症状も緩和させる効能を持つものがあり注目されています。

更年期障害は自律神経失調症を誘発することも少なくなく、不眠が続くとうつ病リスクも高まることから早期の改善が重要となります。
更年期のイライラや気分の落ち込みは多大な精神的ストレスとなって肌トラブルを加速させる心配もあり、双方の改善に有効なプラセンタで一石二鳥の効果を得ることも期待できます。
そのカギを握るのは神経細胞増殖因子という成長因子です。

神経細胞増殖因子は自律神経の神経細胞そのものに働きかけることで交感神経や副交感神経の細胞増殖や再生を促進し、そのリフレッシュ効果で自律神経やホルモンバランスを整えて行きます。
更年期障害や自律神経失調症の原因そのものにアプローチして改善に導く可能性を高め、全身の血液やリンパ液の循環を活発にして代謝機能アップも実現します。
代謝機能の向上はプラセンタの豊富な栄養素を美容や健康にさらに生かしやすくする相乗効果も期待できます。