まつげの長い女性

ケアプロストは、まつ毛の成長を促進して、まつげを長く濃くする効果があると、アメリカ国内でFDA(米国食品医薬品局)が許可したジェネリック医薬品になります。
もともとは、緑内障の治療で使っていた点眼液のビマトプロスト成分の副作用で、緑内障患者のまつげが伸びたことから、まつげの育毛剤としての開発がはじまりました。
まつ毛育毛剤は色々ありますが、他のまつげ育毛剤のジェネリックとして発売されており、効果はそのままで価格が10分の1の安価で手に入るので人気です。

ビマトプロストのまつげ育成成分が入っているので、高価な市販の育毛剤を使うよりも目に見えてより効果を実感できます。
アメリカでは医薬品として販売されていますが、日本国内ではまだ厚生労働省の認可を得ていませんので病院で購入することができません。
しかし、アメリカから簡単に通販サイトを通じて購入することができますし、通販サイトはすべて日本語で書かれている上、取り引きもすべて日本語ですので輸入といっても日本のショッピングサイトから購入するのと同じ気軽さで購入できます。

まつ毛を長く伸ばしたい方や、まつげエクステやつけまつげなどでまつげを痛めてしまった方でも、ケアプロストがあればまた健康的なまつげを取り戻し、より長く密集したまつげにすることができるのです。
毎日使うことで、1ヶ月程度で効果が見えてきます。使い続けることでより長いまつげを手に入れることが可能です。

日本国内で販売されている、同じようなまつげ育毛剤を病院などで購入すると、1万円ほどかかりますがケアプロスト は1本あたり1700円程度なので大変お得です。
使用方法も成分も同じなのではじめて使って効果を見たい方にもお勧めできます。
簡単に入手でき、1週間以内に届くのですぐにまつげのお手入れをすることができます。
販売されているサイトはいくつかありますので、比較してより信頼度が高いサイトから購入しましょう。

ケアプロストの効果的な使い方とは?

ケアプロストの使い方は簡単です。点眼液ですが、目に直接点眼するのではなくまつげの根元に塗布していきます。
アプリケーターといって、まつげ育毛剤専用のミニブラシがあり、使い捨てのセットが販売されています。
まつげの際という細かい部分になりますので、塗布用の道具が必要です。ミニブラシや綿棒などが最適ですが、大切なことは使い捨てをすることです。
同じものを使うと、細菌が発生しそれを目の近くにつけることになるので衛生面で心配があります。
使い捨ての道具であればそれらの心配もなく使えますし、値段も1本あたり数円単位の安価なものなので、負担も少ないです。
化粧をするときのブラシも使えますが、毎回洗浄し、除菌してから使うようにしましょう。面倒な方は使い捨てのツールがオススメです。

何度も塗った方が効果があるように思えますが、ケアプロストは1日1回、化粧やコンタクトレンズを取った後に塗布します。
少しつくだけで十分な効果がありますので何度も塗る必要はありません。
ケアプロスト を使うと、まつげが伸びる効果はありますが、色素沈着や目の充血を伴う場合があります。
色素沈着をおこさないようにするためには適量を塗布するのはもちろんですが、まぶたや他の部分につかないようにすることが大切です。
アプリケーターを使うと、目の際だけにピンポイントで濡れますし、綿棒のように液をすべて吸わずにブラシ内にとどまってくれます。

まつげの毛周期は2、3か月と短いので、毛周期に合わせて継続してケアプロストを使うだけでまつ毛が成長し、濃くなるといったような効果を短期間で感じるようになります。
医薬品になりますので、正しい使い方を守って使用してください。